AlphaSights のアドバイザー

AlphaSightsは、招聘するかたちでのみアドバイザーと仕事をします。AlphaSightsの担当者から連絡させていただいているということは、アドバイザーとしての知識がお客様の進行中のプロジェクトで役に立つ可能性が高いということです。

AlphaSightsが連携しているアドバイザーの多くは、専任のコンサルタントではなく、コンサルティングの仕事を積極的に探している方でもありません。そのため、AlphaSightsはそれぞれのお客様に合わせて「人」対「人」のサービスを実現でき、お客様にとってもアドバイザーにとっても時間の無駄とならないように、最も適したアドバイザーを確実に手配できるのです。

AlphaSightsでのお仕事

お客様のプロジェクトの1つに関してAlphaSightsのアソシエイトから連絡し、そのお客様との会話に参加できるかどうかをお話しさせていただいたら、追って法令順守の枠組みをご確認いただくようお願いすることになります。この法令順守の枠組みには、資格に関する基準や私どものお客様との会話に関する心得が規定されています。

AlphaSightsでのお客様との会話にアドバイザーが参加する場合は、参加することが現在自分が負っているいかなる義務にも矛盾しないことをプロジェクトごとに判断する必要があります。お客様は、アドバイザーが特定の業界や産業についてどのように先を見据え、考えているのかを把握したいのであり、アドバイザーの現在の勤務先の機密情報等について知りたがっているわけではありません。

「AlphaSightsは働くには最高の場所です。お客様が何を求めているのかについて、いつも適切な情報を提供してくれます」

金融業界、前チーフストラテジスト兼最高情報責任者(CIO)

「お客様は好奇心が強く積極的なので、会話も自然とはずみました」

通信業界、前最高執行責任者(COO)

「専門家として人と接する経験は初めてでしたが、意外と最初から最後までとてもスムーズにお話しすることができました」

医療機器業界、前最高経営責任者(CEO)

「AlphaSightsの皆さんは、それぞれのお客様にぴったりのアドバイザーを見つける真のプロフェッショナルです」

世界的な再保険会社のリスク管理責任者

「テクニカルな分野からグローバル市場、サプライヤーのバリューチェーン、公益事業、エンドユーザーまで幅広くカバーする、本当にエキサイティングな会話でした」

エネルギー・公益事業業界、前最高執行責任者(COO)

よくある質問(FAQ)

お客様が特定の分野の知識を必要としている時に、そのプロジェクトに最適なアドバイザーを弊社でお探しします。その後、お客様とアドバイザーを引き合わせ、電話で話していただくか、直接会って話していただきます。こうしたやり取りは、時として長期的な協力関係に発展することもあります。

適切なアドバイザーを引き合わせて高度な会話を実現できるように、アドバイザーからは常にフィードバックをいただいています。アドバイザーは自分の話が役に立ったことを実感でき、自分名義で慈善の寄付をするか、あるいは要した時間に対する報酬を受け取るかを選択できます。

アドバイザーが話をする相手は、世界をリードする投資ファンドや企業、コンサルタント会社で活躍する投資の専門家や意思決定者、経営幹部です。また、私どもの「Knowledge For Good(KfG)」イニシアチブを通して、世界で最も重要でやりがいのあるいくつかの社会問題に取り組んでいる、革新的な非営利団体の専門家と話すこともあります。

雇用契約や非競合条項も含め、第三者に対する義務に違反しない限りはAlphaSightsのアドバイザーになる資格があります。また、AlphaSightsでの会話に参加することが利害の衝突を引き起こすかどうかも判断しなければいけません。

AlphaSightsは現在や将来に直接競合する相手との会話を手配しようとしたり、あるいは明らかに利害の衝突をもたらす電話をお膳立てしようとしたりすることは決してありません。AlphaSightsでは業界の最先端を行く法令順守の枠組みを整備しており、こうした要因の詳細を明らかにし、現在の職務や立場が利害の衝突を引き起こすかどうかを判断するお手伝いもいたします。

Contact Our Advisor Relations Team


Get In Touch